どんなに高く飛ぶ鳥よりも想像力の羽根は高く飛ぶ

自分の"楽しみ"を書いて、自分だけが救われるんなら、それは言葉ではないんじゃないの。言葉は人のものでもあるんだから。

「楽」と「楽しい」について

 結局のところ、楽になろうとしているだけだった。死ぬのも生きるのも同じ。構って欲しいのもそう。独りになりたいのもそう。その瞬間に楽になろうとしているだけだった。
 ここ最近のことで、自分を楽しませようと積極的になったことって、ほとんどなくて。ただ、楽になろう、楽になろうという日々だった。楽しむという余裕がないというのが本当のところかもしれない。無意識に楽しもうとはしているのだけど、その一つひとつにしっかりのめり込めていない。というか、楽しんでいない。いつも、何かを思っている気がする。
 とにかく、不安なのだと思う。
 生きていることも、死ぬことも、結局は不安。楽になりたいというだけで、そこに短絡的なところがあって、その上にプライドがあったりして私は本当に馬鹿だと思うのだけど、とにかく、楽になりたいというだけで、だから、却ってしんどいのだと思う。損して得とるというか、楽にはならないけれど楽しいことを選べない。しんどいことが楽しいんだ、とかそんな簡単なことではなくて、とにかく楽になることしかやっていないのではないか。自分が心地悪いことを徹底的に避けているし、自分を心地良くすることしかしていない。だから、人と深く接することもない。友人もできない。恋人もできない。お金も浪費するだけ。
 楽になるということに理屈さえ通ったら、うまく自分を騙せたら、それだけで自分をコントロールできるのに。それは、屁理屈だっていいのだ。本を読むのも、音楽を聴くのも、結局は親に与えられた心地良さのこじつけみたいなもので、そういうものを自分に用意すれば、自分を受け入れることも出来るだろうし、くだらないプライドも捨てるんだろう。その方が気持ちいいんだってわかったら。そういうことがわかることは、人生にとっての僥倖なの。
 結局、誰かがイイと言っているものをココチイイと思って受け入れているというだけに過ぎないのだから、楽しむことについてそんなに深く考えているわけでもこだわりがあるわけでもないんだって、最近になって気がついた。コレである必要って、あんまりないよなーって。コレで気持ちよくなるのって、紛いものだよなー、って。楽でいたいだけだし、楽に気持ちよくなりたいだけなんだよなー、って。楽に気持ち良いつもりになりたいだけだし、気持ちよくなっている自分でいたいだけだし、気持ちよくなっている自分を人に見せたいだけなんだよなー、って。
 きちんと、自分の楽さを知ること。きちんと自分の心地良いことを知ること。きちんと自分の楽しい、を知ること。それは、人に与えられたものでも、社会のなかで設定されたものでもなく、自分という人間として湧いてくるものを知る。
 いろんな心地良さを知ることが、私の人生を豊かにする。自分の固定観念とかくだらないプライドとかをウッチャって、どんどんいろんな心地良さを、いろんな楽だ、ということを実感していけば、もっと生きやすくなる。生きるとか、死ぬとか、たぶん、どうでも良くなるんだろう。自分も愛せるし、人のことも愛せるだろう。そういうことが自然になると思う。心地良い自分は気持ちがいいものだから。心地良い自分を心地良く感じてくれる人のことを、ぼくはぞんぶんに愛す。
 楽になりたいって指向性を上手く活用して、自分を支配することができたらいい。それはこじつけでいい。遠回りでもいいし、一見気持ちよくないことだっていいのかも知れない。楽になりたい、心地良くなりたい、心地悪くなりたくない、逃れたい、なんかそんな気持ちの動きをうまく察知して自分をあつかっていったら、たぶん、今までよりもずっとうまくいく。そういう風に頭を働かせることができたら、もっと人生は豊かになる。もっと行動的になるし、人のことも、自分のことも、愛するんだろう。
 たぶん、いろんな理由から、ぼくは、自分を楽にすること、ひいては自分を楽しくすることを制限していた。そうすることに罪悪感を持ってしまっていた。楽になることにいろんな理由を無意識に作って、自分を誤魔化していた。そうやって僕はぐちゃぐちゃになっていった。でも、その楽になりかたは、間違っていた。楽しくなる道から外れていた。罪悪感に捉われていた。自分を罰してた。自分を、楽しませたって、いいんだと、やっとわかった。
 楽になることに関する、自分の持っているプライドみたいな、見栄みたいな、自意識みたいな、なんかそんなのを外せたらいいんだけど、それも、こうすれば、楽になるぜ、って自分にささやいたなら、簡単にクリアーできるだろう。そのくらいに、「楽になりたい」っていう指向性は強いというか、身体も精神も求めている。とにかく、ぼくは、楽になりたい。そのためになら、本当に楽になるのなら、寝る間も惜しんで何かをするのも苦ではない。誰かを愛することもやぶさかではない。自分だって信じられる。愛せる。
 楽になろうとするあまり、私は自分を罰してしまった。そうすることが楽だったから。そうすることでしか、楽になれないと思っていたから。でも、それは自分に逆らっていたし、自分を明らかに罰していた。楽しくなるはずがなかった。ただ、しんどいだけだった。そういう楽さだった。
 何を「楽である」と思うか、なのだと思う。私は、救われたいんだと思う。そのために死にたいと思ったし、そのために生きたいと思った。笑っていたいのも、お金が欲しいのも、嫌なことを避けたいのも、結局は、楽になりたいからで、そういう感覚が自分の中にある。でも、それは幸運なことにぼくにとって確固たるものになっていない。
 楽だってことにはたぶん、とてつもない多様性があって、自分の生きてきた感覚の中でしか、その「楽である」という現象を、私は実感していない。それで、私が感じてきた「楽」なんて、たかが知れていると、私はわかっている。だって、「楽しそう」にしている人がたくさんいるもの。この世界にあるそういう「楽しみ」のほとんどを、ぼくは当たり前だけど享受していない。というかできない。でも、興味はあるんだと思う。だから、死んでないんだ。
 「楽である」ことは、「楽しい」こととは違う。だけど、どっかでつながっていると思う。楽になることだけを求めていても、楽しくはならない。楽であることの設定にもよるけれど、そこから楽しみにつながることがあるはず。そんな気がしている。自分をきちんと救いつづけていたら、いつか楽しく生きられるんじゃないか。
 「楽である」こと以上に「楽しくある」ことには多様性がきっとあって、というかあって欲しくて、だから、生きていることには価値があって、だから、どんな生き方も肯定されるべきで、だから、どんな人も区別されるべきではなくて、だから、どんな人も尊重されるべきなのだ、と、思う。人生から「楽しみ」を奪ってしまったら、何も残らない。本当に、何も。楽しみを知るためには、楽を知らないといけない、と思ったりするけど、そこらへんにはまだ決着がついていない。日本語で考えるとただ言葉のあやみたいなことに終始してしまうのでこの辺でやめる。pleasant(felt good)とenjoyable、ってことなんだけど。つまり、悦びと楽しみってこと。そんな感じです。

モテと権力

 モテることによって、優越感を得るという人がいる。たぶん、ボクもそうかもしれないし、多くの人がそうなんだろう。モテるという肯定感に勝る心地よさって、そうはないから。
 モテることは、権力なんである。それによってモテない人に対してマウント取るってことが、往々にしてある。特に思春期には。共学の中学・高校だと特に。女子校に通ってた知り合いに聞くと、少しは共学よりマシらしいけど。
 権力を持ちたいがために、モテたい、という人もたぶんいるんだと思う。たぶん、厄介な人。でも、いつの間にかそういう風潮が当たり前になっている。モテることが権力を持つ人生の時期には特にそれは顕著だと思う。モテることがカースト上位になることの条件だったりするから。
 でも、世の中にはこういう人がいることを、ボクは知っている。モテようとしなくてもモテてしまう人。そういう人は、権力を持ちたくてモテたい人々に恨まれてしまう。嫉妬の対象になる。
 人の魅力には多様性がある。当たり前のことだけど。男と女で大人になるタイミングが違うことも大いに関係していると思うけど。でも、そういう魅力が偏っている場や状況だと、なんであいつがモテるんだよ、許せん! となってしまう。その人自身にはとても魅力があるのに、それがその場で認められていないと、歪んだ思いが交錯してしまう。
 魅力は魅力に感じている人にしか見えないんである。九十九の欠点も一つの魅力で帳消しになることもある。逆に九十九の魅力も一つの欠点で台無しになる。それは、魅力を放っている人とそれを受け取る人の関係から成り立つんであって、外野がとやかくいうことではないと、ボクは思う。
 魅力的なら近づきたいと思うし、そうではなくなったら、離れるってだけ。人生はシンプルだ。
 あの人に権力を渡したいからあの人を好きになるとか、優越感を与えたいから愛すとか、そういうことは自由恋愛にはあんまりなさそうである。そう思いたいだけかもしれないけれど。
 世の中にはモテるためにはなんだってする人もいるし、モテていることにしたい人もいる。そのくらいにその優越感はえげつない。
 モテることはいつも受け身であって、自分から人を愛させることは本来的にはできない。愛されるチャンスを増やすことしかできない。どんなに自分を着飾っても、どんなに自分をよく見せても、人が近寄ってくることはあっても、本質的に愛されることとは関係ないんじゃないかと、思ったりする。目的が優越感を得るためだったり、自分のいる場で権力を持ちたいためだから。あるいはそのごまかしでしかないから。そういう人は多い。自分の思いが外に向いている限り人に愛されることもないし、人を愛すこともない。本当の、愛を、その人は一生知ることもない。
 そうやっても、恋愛は成立するし、そうやって結婚する人もいる。当たり前にいる。そういう幸せのかたちが世の中に流布されている。そうやって一様に恋愛する人が多い方が儲かるからである。一様な価値観で一様な魅力に美意識がある方が生産性もあって人をコントロールしやすく、効率がいい。恋愛という欲情を用いて商売したい人にとっては。それで、世の中の商品という商品、広告という広告は、そうやってできている。
 でも、人の魅力が一様ではないのは当たり前のことだと思う。人が魅力的なのは当たり前のこと。どこにだって魅力的な人はいる。魅力のない人なんていない。タレントに美意識が集中している現代はどこか歪んでいるとボクは思ってしまう。もっと、人の魅力の多様性を、みんな知ったらいいのに、と思う。男と女で大人になるタイミングが違う、と言ったのはそのため。そのことに気がつくタイミングが、たぶん、違う。だから思春期にいろんな違いにうんざりする必要もない。それだから思春期と言うのかもしれないけど。
 一生気が付かずに、モテることに捉われ続けたままの人もいる。
 ボクがこの文章を書いたのは、モテたいわけでもなくてモテてしまう人が、モテたいけど権力を握れない人に何かを犯されるのを救いたいからだ。そんな人、気にしなくていいです。その場ではわかってもらえない魅力を、いつか、自分の、その掛け替えのない魅力に気がついて、幸せになってほしい。ちょっと大袈裟だけど。
 モテない人は、モテないことを気にしなくていいです。いつかその人にしかわからない魅力に気がついてくれる人が必ずいるから。魅力のない人なんていないです。それをわかってくれる・気がついてくれる人が周りにいないというだけだから。魅力は殊更に誇示するものではなくて、自然に感じるものだと思うから。本人が気がついている必要もないし、わかりやすく示す必要は必ずしもないし、ここがイイ! なんて、メディアの真似を、みんながする必要ないんです。何度も言うけど、魅力には多様性がある。いつか、それがわかる日が来る。
 それでもわいは優越感を得たいんじゃ! と言う人のことは知らん。
 すべての人が自分を捨てずに、良い縁の巡ってくるまで生きることを願っています。本当に。人生は、それだけなんだ。

おもってたよりも、ずっとずっとみじかい生

 忍び過ぎた恋は、当然のように浮かばれず、かなわず、ぼくの中にウロのように留まってしまっている
 物や思ってしまっているのだから仕方がない、と、開き直っても、どうせ仕方がなくて、ただ悶々としている
 私に問う人もない
 ただ自分の中に起こってくることといえば、生き難いなぁ、みたいな思考
 生き難くくしているのはまごうことなく自分なのに、
 そんな自分は置いておいて、とにかく生き難いとただ嘆いている
 それは、頭の中で、一応きちんと言っておくが、あくまで頭の中で、人への批判であったりする
 批判される人のことが、可哀想になるくらいだ
 その人はそのことを知らないけれど、私はいろんな人を私の頭の中で貶めてきた
 でも、それもきっと、どこか筋違いなんだろう
 筋が通っていたとしても、私の頭の中のことに過ぎないのだから、なんの実効性もなく、ひいては意味もなく、ただ、私は憂さ晴らしをしているだけというだけに過ぎない
 このままでは、憂さ晴らしをして一生が終わる
 私の一生は、子供の頃に思っていたよりも、ずっと短いものになりそうなので、この今の生活を大事にしなくてはならないと、きょう思った
 明日はそうは思っていないかもしれない
 でも、一生を憂さ晴らし、しかも脳内での、に過ごすのはちと勿体無いし、とにかく自分で自分が不憫になってくる
 貶められている人にも申し訳ない
 そんなことしていても仕方がないのだ
 でも、そう考えてしまう、思ってしまう
 あの人はこう素晴らしかった
 そういうところが誰にでもあるはずで、そういう“憂さ晴らし”をしたらいいのかも知れない
 人の批判ばかり思い浮かんでしまうのは、私が批判の対象になりそうなことの反発なのだろう
 そうやって、自分を守っているつもりになっているだけなのだ
 人は素晴らしい、とただ歌っていればいい
 人の良いところを見つけることは、楽しいこと
 人を恨んで生きても、時間の無駄でしかない
 そんなことは、私の人生にちっとも役には立たないのだから
 (誰にとっても)人生はみじかい
 私は特にみじかいと思う
 生が短いのではなくて、有効な生がみじかい
 私は私に対して効果的でありたい
 私は誰かに効果的でありたい
 私は誰かに効果されたい
 そうあろうと思うなら、誰でも、どんな状況であろうとも、しあわせな気持ちになれるはず
 自分から不幸になってもしかたない
 しあわせでありたい
 そのしあわせがなんなのか、ぼくは知っているのに
 そうできない歪みを、ぼくはまだ知らない
 私に興味を持って理解する他者がいたなら、どんなに良いか
 忍んでいても伝わらないが、もう、彼女と会う機会はきっとないだろう
 彼女は、教えた
 でも、まだ、それは不完全だった
 そのことを、ぼくは惜しいとおもっている
 想いたい
 彼女はどこにいるのだ
 今、そこで何を考えているのだ
 縁よあれ、光よあれ、導いて、天使