どんなに高く飛ぶ鳥よりも想像力の羽根は高く飛ぶ

自分の"楽しみ"を書いて、自分だけが救われるんなら、それは言葉ではないんじゃないの。言葉は人のものでもあるんだから。

人と接することと、自己評価の低さ

 自分「だけ」の頭で考えない方法ってどうやったらいいんだろう。それって人のことを信頼しているかどうか、なのだろうか。
 人に気は使えても、人をうまく頼れないのであれば、生きにくい。
 人に相談する癖をつけたい。どんどん人を頼りたい。そのことを邪魔していることはなんなのか。
 自分にとって結構あるのは、何か訊いたら迷惑なんじゃないか、ということ。頼ったら迷惑なんじゃないか、ということ。
 頼るとか以前に、関係を構築できていない。構築しようともしていない。
 そして、関係をずっと持ってくれている人にも理由がなければ、コミュニケーションを取ろうとしない。関係が薄ければなおさら。
 「私」という人間を知っている人の総数がそもそも少ない。詳しく知っている人はもっと少ない。趣味趣向やどのような人間であるのかを知っている人は稀である。私に興味を持っている人はほぼいないだろう。
 迷惑をかける、ということの認識がおかしいのではないか。人と接する限り、ある程度は迷惑かもしれないし、そうでもないかもしれない。自己評価が低すぎて、自分と接する人をみんな不幸にしてしまう、と思い込んでいるのだと思う。そうじゃないことだって、たくさんあるはずなのに。
 友達にも、家族にも気を使っているというか、迷惑をかけないようにかけないようにしている感じ。
 僕と接した人が楽しめなかった場合、僕のせい「だけ」だと思い込んでいるのでは。
 ある時期の僕は、自分は人と話をしても楽しませられないと思い込んでいたと思う。そのような価値のある人間ではないと。
 そのある時期に起きたことを書きつくすことはできないけれど、人に対して不信感を持ってしまうエピソードがあったと思う。私は貶められていたと思う。そしてそのことは私の自己評価をものすごく下げたのではないか。
 でもそれは限られた集団の中でのことだった。その人たちとはソリが合わなかった、とは考えなかった。うまくやれていた人もたくさんあったのに。それだけが全てだと思い込んでいた。
 自己評価は低いのに、自分「だけ」の考えで行動しようとしてしまうほど、人を信頼できなくなっていた、とも言えるのかもしれない。
 みんなを幸せにする必要は全然ないし、嫌われたっていいと思っている、はずなのに、そのことを割り切れないでいる。自分で自分を恐れていて、そのせいでうまく振る舞えないのではないか。
 むかし考えたのは、多くの友人を持つ必要なんてなくて、きちんと理解し合えて、信頼し合える人がいたら良いな、ということだった。でも、今も昔も理解し合えている人も信頼し合えている人もいないわけではないけれど、あまりいないということなのだと思う。多様性があまりにも少なすぎる。
 どうやって、人生を生きたらいいのかの答えなんて多分なくて。でも、自分「だけ」の考えで行動することは、私自身を良くはしないと思う。
 そうとは意図しなくとも、僕に、生きていていいんだよ、と肯定してくれたすべての人に感謝したいのです。そのことは本当に僕の慰めになったのだから。